赤ちゃんの肌ケア方法

発育で変わるスキンケア

皮膚がシワになっていてくっついてしまうようなところ(首やひじの内側など)は、汗や垢などの汚れによって細菌感染が起こりやすくなります。

 

汚れを取り除かずに薬を塗ったら、汚れも一緒に塗り広げる状態になりますから、さらに他のところまで皮膚の炎症が広がります。

 

○汚れは丁寧にふき取る

くびれは、濡らしたコットンにオイル(スクワラン・オリーブオイルなど)をつけてそっと拭き取るようにします。
ゴシゴシ擦るのは、赤ちゃんの皮膚を傷つけ、炎症の原因になります。
ゆっくりと、優しく、きれいに、拭いてあげてください。

 

○こまめにシャワーで汚れをおとす。

赤ちゃんの汗の量は大人の2倍くらいになります。

 

こまめにシャワーで汗を流してあげましょう。

 

それと同時に水分補給も十分に。

 

あせもができたら、水を5〜10滴くらいコットンに含ませ、さらにオイルを1〜2滴落として、シャワーの後に汚れも拭き取ります。