赤ちゃんの肌ケア方法

スキンケアは必要なの?

動物の赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で、生きるのに必要な分だけの成長をしてから出てきます。

 

でも、人間は、知能が発達するまでお腹の中で過ごすと、頭が大きくなりすぎて自然に出てこられなくなってしまいました。

 

そこで、人間の赤ちゃんは、お腹の外に出られるギリギリのところまでお腹で育ち、本来の自然な状態では早産と言われるくらいの状態で生まれるようになりました。

 

お母さんのお腹の中では、羊水で守られ、暑さや寒さ、乾燥や紫外線、細菌や有害物質から隔離されて育ちます。

 

だけど、本来まだ守られている途中で生まれてしまうので、生まれたての赤ちゃんのお肌は、柔らかく、そして弱く傷つきやすい状態なのです。

 

赤ちゃんの肌のケアには2つの基本ルールがあります。

 

「清潔にすること」「保湿をすること」です。

 

羊水はとても清潔で細菌なんかいませんから、赤ちゃんのお肌は感染に弱いのです。

 

羊水の中は湿度100%ですから、赤ちゃんのお肌は乾燥がとっても苦手なのです。